ホーム > ピックアップ > 思いつきでエントリー

思いつきでエントリー

現実にノートパソコンのディスプレイの前に座り、休むことなく上下動している市場を見てしまうと、何となく売り買いをしなければいけないという抑えようの無い感情に駆られる人も少なくないだろう。

でも、はっきりしない思いつきでエントリーすることだけは、断じてしてはいけません。

知っての通り、外国為替相場は24時間いつでもいずれかの為替市場は関いているしレートもいかなる時でも変動しています。

 

しかし、だからといって何回もトレードを積んでいくとそれだけで損失が生じるリスクが高くなります。

 

確かにエントリーの回数を積み重ねる事で利益を上げられる確率が50%、50%になるのは事実。

 

けれどもこれは「はっきりしない思いつきでエントリー」とは別の話です。

 

トレード回数を増やすという意味は自ずから「ここがチャンス」と考えるチャンスを得られた状態でのエントリー回数を重ねるという事を言っています。

 

何となく、次々とトレードを積み重ねるのとはかなり違う。

 

外国為替市場の勝負に勝利するためには自ずからメリハリをつけることが不可欠です。

 

「ここは!」と考えた為替相場の時には迷うことなく保持ポジションを増やして、集中して利益を追求します。

 

「何となく難解な外国為替市場でどう上げ下げするのか理解できないな」と思ったならば、潔く諦めて保持ポジションをひとつも残さないで諦めて何もせず静観します。

 

これくらいのメリハリをつける方が最後に売り買いは儲けられます。

 

為替相場の格言には「休むも相場」という言葉があります。

 

文字通りその通りだと思います。

 

為替とは、何も常にポジションを持っていることが全部ではなく売買ポジションを持たないで何もしないことも場合によっては、相場なのである。

 

じゃあ、どのタイミングで休めばよいのだろうか。

 

第1に考えられるのが、先述した通り、直近のマーケットがはっきりと良く見えない時です。

 

今後高くなるのか安くなるのか判断できない時は、ヘタに動くと、あなたの作ったストーリーとは違った方向に市場が変化してしまい損してしまいます。

 

そんな状況ではポジションを諦めそのまま何もしないで様子を見ているのが最良の選択です。

 

もうひとつは、己の体の状態がよくない時です。

 

体調と外国為替相場に影響ないと感じる人もいるだろうが。

 

現実には意外に関係がある。

 

体調が悪い時はマーケットの大事な状況で、落ち着いた決定ができなくなります。

 

気分が進まない時はFXから距離を置くことも大事なことだ。

 


関連記事

要らなくなったコンサートDVDはジャニーズグッズ買取に
好きになるとその人のことが全部知りたくなりますよね。身近にいる人のことをあれこれ...
縮毛矯正をネットで探すなら
名古屋で美容院を探すのにオススメなのが、名古屋の美容院情報が掲載されているサイト...
予約はお早めに!
今度の滋賀行きの飛行機、そろそろ予約しなきゃ・・と思って予約サイトを見てみると、...
思いつきでエントリー
現実にノートパソコンのディスプレイの前に座り、休むことなく上下動している市場を見...